秩父銘仙マスク

秩父銘仙マスクの専用ページをアップしましたので
こちらをご覧ください⇒秩父銘仙マスク←クリック

7・8月の営業について

逸見織物 出張所の営業日
毎週水・木曜休み
*コロナ感染拡大に伴い毎週木曜日を自主休業日に設定しています。

秩父銘仙(絹100%)マスクについて

秩父銘仙(絹100%)マスク
専用のページをアップしましたのでご覧ください⇒秩父銘仙マスク
現在、みなさまが安価にご購入いただける高密度不織布を用いた
オリジナルの使い捨て立体マスクを開発し製造に注力しています。
耳の位置に合わせて穴を切りひろげてフィッティングの調整できます。
全ての工程が手作業なので、
三人で、朝から晩まで取り組んでも150枚/日しか作れないのです。
一人でも多くのみなさまにお届けできるように頑張ります。
10枚入り 300円(税込)
✳手洗い/アイロンもOK。耳が痛くなりません。
現在、医療・介護関係者・妊婦さんやお年寄りを優先しています。
当初は「出来るだけマスクの面積を広く」とのご要望で
Ⅰ型(左)をつくってましたが、気温が上昇してまいりましたので
Ⅱ型(右)に切り替えました。
*特L等のオーダーサイズ対応可。

ステイホームとチャレンジ

工房内の庭には逸見織物に大変ゆかりのある宇野千代さんの石碑がございます。
(ブログの右バナーにございますのが宇野千代さんの石碑です)
何十年も雨風にさらされて風化がかなりすすんでしまいました。

ステイホーム中に自分たちの手で何とか復活できないかとDIYでチャレンジ中です。
①風化した石碑の文字盤をオーブン陶器で焼きあげる
②宇野さんが秩父中で採石された石を見て回り、ご自身でお選びになった櫻色の石が石碑の本体です。この本体の文字が風化したところに新しい文字盤を貼る
成型後に1週間乾燥した白い陶土に宇野さん直筆の文字をトーレーシングペーパーで転写。
文字枠に線彫りしておきます。
一枚目は焼成中に割れみごとに失敗。陶芸を専攻してたなべちゃん先生にアドバイスをもらい二枚目の焼成に挑戦。「そんなに厚くて大きいの焼くのですか?」とビックリされましたが、こちらはずぶの素人なので怖いものなしでどんどんすすみます。
30㎝の正方形のオーブンの天板にのせて焼きます。
やりました!なべちゃん先生!大成功です。うれしい!
色入れ中。
色が乾燥後、コーティング剤を塗り再び焼成します。
やりました!大成功!神様仏様宇野先生!
さて、これをどうやって石碑の平らなところへ貼るかな?

念のために、コーティング用にレジン500g購入。
ダイヤモンドビットや塗りこて、石材用接着剤や下地モルタルと黒漆喰を購入。試案中。
只今、漆喰塗りの練習中です。

お知らせ

*政府の緊急事態宣言を受けまして4月6日より逸見織物/出張所は休業しております。

尚、出張所内ではスタッフが作業しておりますので、プレゼントやギフトなどのご購入を希望されますお客様は、お気軽にお声かけください。

*工場見学やワークショップはしばらく休止させて頂いております。

白猫プロジェクト・スタンプラリー終了

スタンプラリーで
秩父においでくださいましたお客様へ
心よりお礼を申し上げます。

白猫プロジェクト

 
秩父でスタンプラリーがはじまります。期間:11月8日~2020/1月13日まで。
商品を500円お買い上げで白猫ポストカード1枚GETできます。